鋭敏なロゴ
中国航空業界ニュースレター10 2月

中国航空業界ニュースレター10 2月

中国のMA60地域飛行機ファミリーが3年に第2020メンバーを採用

中国の国内で開発されたMA60「Modern Ark」地域ターボプロップ航空機ファミリは、700年に2020番目のメンバーであるMA700を目にします。MA700プロジェクトは最終組立段階に入りました。 そして、初飛行と静的試験の両方のための航空機の組み立て作業が進行中である、と国営の航空産業公社(AVIC)は言った。 最初のMA2020航空機はXNUMX年半ばに生産ラインをロールオフする予定であり、初飛行は年内に行われる予定です。

ボーイングのオペレーターである中国のX門航空は、エアバスジェット機を艦隊に導入することを検討しています

中国の長年のボーイングオペレーターであるX門航空は、10台のエアバスA321neo航空機を保有することを検討しています。 国営の中国南方航空の子会社である航空会社は、リース会社にこれらのジェット機の供給を入札するよう呼びかけています。これらのジェット機は2021年後半から2023年まで配送される予定です、と中国航空会社はウェブサイトの声明で述べています。

ルフトハンザテクニック、中国の成長を目指す

アジア太平洋地域(Apac)が20年に世界の就航艦隊のシェアを約40%に拡大するにつれて、今後2038年間でアジア太平洋(Apac)がメンテナンス、修理、オーバーホール(MRO)の需要をリードすると予測している世界最大のXNUMX社の機体。ルフトハンザテクニックのアジア太平洋地域での企業セールスのVPであるジェラルド・スタインホフはこう語った。 その「素晴らしい航空機成長率を誇る大中華圏」は、LHTのアジアにおける主要市場の1,000つであるとSteinhoff氏は述べています。 「そこでの開発は主にXNUMXつの大手航空会社の影響を受けており、アジア全体を前進させています。 たとえば、中国南部では、すぐにXNUMX機以上の航空機が保有される予定です。」

Acumen Aviation©10 February 2020 All Rights Reserved。