鋭敏なロゴ
インド航空産業ニュースレター18 11月

インド航空産業ニュースレター18 11月

エアバスは、UDANオペレーターがA220に行くことを期待しています

エアバスは、座席数が220-100の新しいA150航空機が、補助金付き運賃で市場を開放しているインドのUDAN地域接続スキームの下での運航を求めている新しい航空会社の中からテイカーを見つけることを期待しています。 「地域の航空機を交換し、エアバス320ファミリを補完または補完するだけでなく、今日の新しい航空機に対する需要もあります」と、エアバスのカスタマーアフェアーズ、単一通路製品マーケティングシニアアナリスト、コナーブオットは述べています。 。 エアバスは、国の航空市場が拡大するにつれて、既存の航空会社が将来この航空機を検討することを期待しています。

エアインディアがムンバイからナイロビへの国際直行便を開始

エアインディアは、ナイロビへのフライトを開始すると発表しました。 エアインディアは11月に27からムンバイからナイロビへのフライトを運航します。 フライトは、火曜日、水曜日、金曜日、日曜日に週4回運行されます。

IndiGoが中国事業の拡大に注力

IndiGoは現在、中国およびその他の国への事業拡大に特化しています。 航空会社は現在、西側のイスタンブール、東側の香港、東南アジア側のホーチミン市にまたがる独自の運航をアジアの端に限定しています。 トルコ航空とのコードシェア協定を活用して、乗客をその西側の制限からヨーロッパの10を超える目的地に接続します。 さらに、航空会社は同様の方法でカタール航空との新しいコードシェア協定を利用することが期待されています。 最近、ドーハに本拠を置く旅客輸送会社と一方向のコードシェア協定を締結しました。 2つの航空会社間の契約により、カタール航空はドーハとデリー、ムンバイとハイデラバード間のIndiGo便にコードを配置できるようになります。

ボーイングインディアチーフは、インドから調達して1億ドルを超える成長を実現すると述べています

ボーイングは、インドからの主要部品の年間調達量が現在の1億ドルを超えると予想しています。 現在、160を超えるサプライヤーが、ボーイングの統合されたグローバルサプライチェーンの一部として、民間航空機および防衛航空機向けの高度なコンポーネントとサブアセンブリを同社に提供しています。 ボーイングインドのサリルグプテ社長は、「機会は私たちにとって「流行語」であり、パートナーと一緒にここでさらに多くのことを行うことを常に検討しています…インドからの年間調達額は1を超えるサプライヤーから160億ドルですが、この数は今後も増え続けるでしょう」 。

VistaraはCapa Aviation Awards for Excellenceでリージョナルエアラインオブザイヤーに選出されました

ビスタラは、昨日シンガポールで開催中のCAPAアジア航空サミットで開催されたCAPAの第16回アジア太平洋航空​​アワードフォーエクセレンスで「リージョナルエアラインオブザイヤー」に選ばれました。 CAPAは、戦略的に最大の傑出した航空会社にこの称号を授与し、リーダーとしての地位を確立し、地域の航空セクターで革新を実証しました。 ビスタラは、LCCが大部分を占める競争の激しい国内市場での実質的な成果と一貫した成長のために選ばれました。 ビスタラのトラフィックは30年に2018%増加して40万人以上の乗客になり、2019年には座席数が50%増加しました。今会計年度には、ビスタラはすでにフリートとネットワークをそれぞれ4.5%近く増やし、XNUMX万人の乗客を飛ばしています。過去XNUMXか月で。

Acumen Aviation©18 November 2019 All Rights Reserved。